水性ホビーカラー×イージーペインターの幸せな関係。水性塗料でガンプラを塗ろう。

▲匂いの少ない水性ホビーカラーでスプレー塗装だ!

 からぱたが紹介したビーバーコーポレーションの塗装ボックスの記事を読んでいて、「これは!?」と閃きました。ある程度塗料の吹き返しなどを防ぐことだけでもかなり快適な塗装状況を生み出せる塗料、そう匂いが少ない「水性ホビーカラーの塗装」ならぴったりじゃないかと思いました。しかし、水性塗料の缶スプレーというものはほとんどありません! ですが自ら「水性塗料スプレー」を生み出せるツールがガイアノーツより発売されています。「イージーペインター」です!

▲塗料の吹き返しを抑える箱があるとさらに塗装が快適

 ビーバーコーポレーションの塗装ボックス。水性ホビーカラー×イージーペインターでは、「吹き返し」を抑える強い味方になってくれます。相性は抜群!!!

 ガイアノーツのイージペインターは専用ボトルから塗料を吸い上げ、お手軽にスプレー塗装ができるもの。エア缶、塗料を入れるボトル、計量カップが付属します。これと水性ホビーカラーを合わせれば、匂いも少なめの塗料でスプレー塗装を楽しむことができるんです。ラッカー塗料の匂いがキツイな〜って人はぜひこの組み合わせを試してみてね。

▲箱の裏、しっかり読んでね!

 箱の裏には使い方からお片付け方法までバッチリ! 箱裏の点線部分の切れ込みをカットすると、イージーペインターのホルダーに変わります。塗装中はこの場所にキープ! 使う前までは片付けがめんどくさそうって思っていたのですが、エアブラシの「うがい洗い」より圧倒的に楽でした。

▲ガンプラを塗るよ!

 エントリーグレードガンダムのプラモを塗ってみます。なんと2時間で塗装終わりました! 水性ホビーカラーを使用して、混色もせずに瓶のまま、生の色(=瓶生)でグレーのG-3ガンダムにしていきます。

 実際に塗ってみてこれを押さえれば問題なし!という水性ホビーカラーでのイージーペインター塗りのポイントをお届けします!

■塗料は濃い目で! 薄めすぎると塗料が乗らないぞ

▲計量カップは溶剤で洗えるので何度でも使えます

 イージーペインターは缶スプレーのように圧力強めで発射されます。そこで塗料が薄いとエア圧が強くて模型がビシャビシャになるだけ。塗料2:うすめ液1くらいの濃さにしてみてください。

■塗料は多めに準備しよう!

 缶スプレーのように「シュッシュッ」と塗っていきますので、少量だとあっという間に塗料がなくなります。塗料はボトルに多めに入れて置くと快適に塗装ができます。瓶生で塗料している場合なら、余っても瓶にそのまま戻すだけでOKです。

 たっぷりと塗料を入れたら準備OK! 後は窓を開けて、塗装ボックスのような吹き返しが少なくなるようなものを準備して塗装開始! ダンボールの中に新聞紙などをフワッと入れたものでも代用できると思います。吹き返しをなるべく抑えるようにすれば、匂いも少ないのでより快適に塗装ができると思います

■青や赤などの濃い成型色の色を変えるときの強い味方「水性サーフェイサー」

▲水性ホビーカラーと同じ成分で作られたサーフェイサー

GSIクレオスからは、水性ホビーカラーがさらに塗りやすくなる「水性サーフェイサー」が売っています。青や赤などの濃い目の成型色をの色を違うカラーに変更する際は、水性サーフェイサーをひと塗りしてあげると成型色の色の影響を受けることなく、手数少なく下地の成型色を隠蔽できるのできれいに塗り上げることができます。

■一度に塗らずに数回に分けて塗ろう!

 水性ホビーカーらはラッカー塗料に比べると乾燥が少しゆっくり目です。同じ場所に塗料を重ね続けると垂れたり、塗料だまりができます。各面1回ずつ拭いたら、次のパーツにいき、1パーツに時間をかけずどんどん塗っていきましょう。他のパーツを塗っている間に最初に塗ったパーツの塗料が乾いてくると思うので、乾いてから重ね塗りしましょう。僕はドライヤーも併用。ドライヤーを使うと乾燥時間も短縮。きちんと塗料も乾かせるので、重ね塗りのミスも減ります。

▲1回塗装した状態

これが1回目の状態。イージーペインターは缶スプレーよりも細かくコントロールできるな〜という印象を受けました。だからこそ細部まで狙ってしまいそうになり、塗料が乾いてないのについつい同じパーツを何度も塗ってしまいそうになりました。1回目で全体を覆うように、2回目以降で細部や色が乗ってない場所周辺を狙うように塗っていくと良いと思います!

■水性ホビーカラーとイージーペインターでどんどんガンプラを塗ろう!

 エア缶1.2缶分くらいで全体を塗装できました。最初に試し吹きなどで実験もしているので、コツを掴めるようになればシンプルなガンプラなら1本でいけるかもしれません。本体はエアクラフトグレー、胸は軍艦色2、お腹などは軍艦色1で塗っています。G.F.F.のG-3ガンダムの色をオマージュして塗ってみました。関節や手首は成型色のままです。エントリーグレードガンダムの構造のおかげで約2時間で全塗装ができました。この2時間は楽しくてしょうがなかったですね〜。

▲別売りのスペアカートリッジとスペアボトル

 スペアのエア缶と、塗料を入れるスペアボトルも発売しています。白など他の色に影響を与えやすい色は専用のボトルを準備すると良いと思います! 今日からあなたも水性ホビーカラーを使用したスプレー塗装で、ガンプラを楽しんでみてください。またね〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。