接着剤がなくなってきた時のあのイライラを瞬時に解決! 豪快に接着だ!!

▲接着剤の筆、接着剤がたっぷりの時は何にも感じないよね〜

 プラモをお手軽に綺麗に接着できる流し込み接着剤。使いやすすぎてバンバン使っていくからどんどん減りますね。蓋を閉め忘れてどんどん気化していきますね。そうなるとあの状態になりますよね。皆さんもイラッとしたことあると思います。

▲筆先が接着剤に届かない〜〜

 そう、接着剤の量が減ってくると、筆先が肝心の接着剤に届かない! ふったりして無理やり筆先に接着剤をつけていたのでしたが、もうフミテシは我慢なりません。ゴリラフミテシが言いました。「筆を抜くんじゃ。」

▲瞬間接着剤をどし〜〜〜

 蓋にセットされた筆は、抜くことができます。絶妙に抜いて筆を伸ばし、これで行ける!と思ったら案の定筆が瓶の中にダイブトゥブルー。どこまでも果てなく……。

 そこで「瞬着で止めればいいじゃん!」と思い、筆の中に瞬着を流し込んでみました。

▲お気に入りの長さのところで、硬化スプレー発射!

 あとは筆の中に流した瞬間接着剤を硬化スプレーで固めるだけ! これでいける気がする! 

▲この前接着剤の瓶に入れ替えたハイグレード模型用の筆も微妙に届かなかったのよね。大成功!

 ビシッと筆が止まりました! そして接着剤にまた筆先が届くようになりました。これでまた当分使えます。まぁ、筆が届かなくなってきたら買い替えの時期と思って補充するのが良いのですが、この方法で筆を伸ばしておけば、補充するまでの繋ぎとして十分使えます。自分もこれまで少なくなってきた接着剤はこのようにして使用してきました。結構いけますよ! それでは〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。