机に1本あれば隙間時間に汚し塗装が楽しめる最高のペン。「ガンダムマーカー リアルタッチマーカー リアルタッチブラウン1」。

▲リアルタッチブラウンを1本机に置いておくと楽しいよ

模型を汚す塗装、ウェザリング塗装は何度も繰り返し楽しめる利点があります。「今日はここに汚しを足そうかな〜」「もう少し傷を描いてみるか!」と模型に汚しの要素を足し続けることができるからです。でもそのために塗料をがちゃがちゃ準備するのも面倒。準備を考えると「プラモ触りたいな〜」とモヤモヤしていた気持ちが、無かったことになるなんて経験を何度もしています。でもこの「ガンダムマーカー リアルタッチマーカー リアルタッチブラウン1」が机の上にあれば準備も簡単に、楽しいウェザリングをさくっと楽しめます。

▲ペンだし、手にとれば準備完了です。

ブラウン1をオススメする理由が「色味の良さ」です。オイル汚れや泥汚れ、サビによる汚れもこれ1本の色味で大体表現できます。とっても便利なペンなんです。

▲ブルドーザーに汚しを足したいな〜
▲ここら辺に茶色い汚れでも入れてみるか〜
▲ただの線でいいんです。これが汚れに変わるよ
▲綿棒とか、指で塗料をゴシゴシ
▲おおお。良い感じの茶色い汚れが。オイルなのか泥なのか……でもカッコよくなったからOK
▲サビ汚れをたらしちゃおう
▲乾く前に筆でゴシゴシ
▲できた〜。楽しかった〜

お仕事や通勤時間の中に趣味の時間を入れている僕たち。通勤の行きの電車から「今日模型触りて〜」って思っていることありますよね。完成させることだけでなく、ちょっと色を塗ったりして「模型に楽しく触れる」時間が1日の中に少しでいいから欲しいんですよね。そんな時にこのようなペンタイプの塗料はとっても便利で、趣味を楽しむ気持ちを軽くさせてくれます。ペンにはペンの良さがある。一度使ってみて、今日も模型楽しめてよかったな〜という体験をしてみてください。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。