プラモデルにサッとひと塗りで艶やかさオン!/ぺんてる「デュアルメタリックブラッシュ」

 キレイなメタリックがグングン塗れてしまう筆ペン「金の穂/銀の穂」や、水性塗料のハンドリングに安くて快適な塗り心地を提供してくれる「ネオセーブル」を紹介してきたnippperですが……あ、まだ読んでませんか。先にリンク貼っておきますね。

 さて、今回は変わり種。変わり種すぎて「金の穂/銀の穂が最高だったからコレもイケるんじゃないかと手に入れてみたし、使いみちはなんとなく見えているんだけど、チャンスがなかなか……」と、ずっと手元で寝かせておいたぺんてるの新兵器。その名も「デュアルメタリックブラッシュ」です。筆ペンは筆ペンなのですが、見る角度で色と光り方がギラリと変化する不思議なツールでございます。いつものごとくメーカーが想定していない目的外仕様なので、使いたい人はじゅうぶんテストしてから実戦投入してくれよな!

 「アレでしょ〜?角度で色が変わるって、マジョーラでしょ?」と思うかもしれませんが、さにあらず。染料インキにメタリック顔料が混ぜ込んであって、しかも双方の色が違う。透過性のあるインキは明るい下地色の上では発色しますが、暗い下地色の上ではあまり主張しなくなります。メタリック顔料は見る人に向かって入射光を反射するときだけ存在感を発揮し、照明の角度によってはほとんど視認できなくなります。まあこの動画を見てくれ。

 ねー!不思議というか、魅力的でしょ!黒い画用紙の上に字を書いたりするとむちゃ楽しいし、書いた後に紙をくるくる動かすとビラビラビラ〜っとルックが変わる。こういう塗料、プラモ用では一般的ではないですからね。

 で、正直これはそもそもプラモデルに直接塗るとほぼ定着しません。私が最近ハマっている「つや消しクリアーの上なら乗るんじゃないかメソッド」があるので、試してみました。

 スプーンに毛筆で筆記体書くの難しすぎひん!? というのは置いといて、とりあえず定着はしました。乾燥したように見えても指にラメはくっついてくるので要注意。クリアーコートするとフツウのプラモ用メタリック塗料みたいな質感になってしまうのでこれもNG。完成後は触らないところにアクセントとして使うならアリ、と判断しました。

 貂蝉クシャトリヤの武器、「妖扇華」はクリアーパープルのプラスチック。これにつや消しクリアーを吹いた上から塗ってみます。すっごくなめらかしっとりと定着していくぜ……。あと塗っているときにギラギラギラギラと光るのでそれがすごく楽しい。塗った結果よりもまず、塗っている過程が綺麗すぎてうっとりしちゃうなんて、贅沢じゃないっすか。そうそう、穂先の感触はさすが筆ペンのぺんてる!マジでキンキンに尖るしコシがあるし一定の吐出量でインクが出てくるのでこれまた気持ちいい。こんな気持ちの良い筆ペンそうそうありませんよ……。

 こちらはパーツの向き以外、光源もカメラの設定も同一条件で撮影した写真です。ぐっと濃い紫でラメ感が抑えられた左の状態と、バシッと光って水色がかって見える右の状態。同じパーツの同じ面とは思えないほどドラスティックに変化しています。楽しい!

 均一にラメを乗せるのが少し難しいし、染料インキは重なれば重なるほど濃く発色するのでサッと塗っては乾かして何層か重ねたほうが仕上がりはスムーズに見えます。乾燥後もラメが指に付く感じがあるので(そして上からトップコートするとこの質感は失われてしまうので)、あくまでも「完成後は触らないところ」にアクセントとして使うのが良さそうです。

 今回使ったのは「バイオレット+メタリックブルー」という色ですが、本アイテムは「ブラック+メタリックレッド/ブルー+メタリックグリーン/グリーン+メタリックブルー/オレンジ+メタリックイエロー/ピンク+メタリックピンク/バイオレット+メタリックブルー/ゴールド/シルバー」の8色セットとなっています。黒下地や白下地でも大きく変化しますし、いろんな色の下地にツヤ消しコートをして試してみてください。これまで見たことないような不思議な輝きが艶やかにプラスされます。みなさんも、ぜひ!

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。