シタデルカラーってエアブラシで使えるの?「透明サーフェイサー」の上からならOKでした。

 ここ最近始めた「とりあえず色のついてるプラモにはランナー状態でつや消しのスプレーを吹いておく」の実践編。貂蝉クシャトリヤの造形がなかなか素晴らしい(小さくて凹凸があって鮮やかな色使いでメタリックカラーとソリッドカラーが細かく入り組んでいるので塗りやすく映えやすいと思う!)ので、シールではフォローされていない細部の塗り分けをごきげんな水性塗料であるところのシタデルカラーをつかって筆塗りしていくという試み。

 しかしいきなりゴールドをちまちま塗るのがめんどくさくなり、「シタデルカラーってエアブラシで吹けるのかしら……」というのを試すことにしました。

 シタデルカラーには「AIR」というエアブラシ用にチューニングされたシリーズがあるのですが、手元にある「BASE」(下塗り用)のリトリビューター・アーマーという金色をどうしても一様に短時間で乗せたい。

 ということで、エアブラシに塗料を入れて、水を50%くらい足してよく撹拌。圧力下げて少しずつ、遠目からフワ〜っと吹き付けてみたら……。

▲乗るじゃん。

 染料的な成分とメタリックな粒子がちょっと分離気味になりますが、遠目に見れば全く問題なし。水を足したぶん乾燥にはやや時間がかかるのにご用心ください。これ、いきなりプラスチックの地の上に吹き付けると表面張力の強い粒子は滑って飛んでいってしまうと思います(テカテカのプラスチックの上に水を吹き付けたら弾きますよね)。しかし、一度つや消し塗料をサーフェイサー代わりにスプレーしておくことで、エアブラシから吐出された飛沫がひっかかってとどまる印象になります。

 塗装業界では「足付け」と言って、表面をヤスリで荒らしたりわざとザラザラの塗膜を一層作ることがありますが、アレに近い効果がつや消しスプレーのおかげで得られるようです。そもそもサーフェイサーは全体の色を一様にするとともに、塗料のノリを良くするための下地を作るのが目的ですから、つや消しスプレーは「透明サーフェイサー」と考えることができますね。

 そして……シタデルカラーを吹いたエアブラシの内部は水で徹底的に洗浄しておくこと!ツールクリーナーやアクリル溶剤などで洗おうとすると相性によってはいきなりダマができてにっちもさっちもいかなくなります。とにかく大量の水で洗いましょう。

 一晩乾燥させたらシタデルカラーの「メフィストンレッド」(鮮やかな赤)を面相筆で塗っていきます。赤がバチコン発色するの楽しい!そして段差をきっかけに筆を走らせていけばかなり複雑な文様もビシッと塗り分けできるのがわかると思います。はみ出したところはもう一度リトリビューター・アーマー(金)で上塗りすればOK。

 どんなに細かい塗り分けも、乾燥後に溶け合わない&隠蔽力がめちゃくちゃある塗料(つまりシタデルカラーだな……。「高い」と言われがちだけど、少ない量でバッチリ発色する。筆でしか塗らないと決めれば本当に長持ちするのでトータルのコスパはイイぞ!)で1〜2度タッチアップすれば、絶対にきれいに仕上がります。みんなも塗ろうぜ、細かい文様!!

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。