花金だ!仕事帰りに買うプラモ。タミヤ晴嵐で「ドーリーを探せ!!」

 フミテシの独断と偏見で週末が楽しくなるプラモをお届けする「花金プラモ」。今週は超いけてるドーリーに、こちらも超いけてる飛行機を乗せることができるプラモ「タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション No.37 日本海軍 愛知 M6A1 晴嵐」でございます。この晴嵐はなんと「潜水艦」を母艦とする飛行機なんです。潜水艦を母艦として海中密かに目標に接近、搭載した攻撃機をカタパルト発進させて空からの奇襲を加えるという奇襲攻撃の構想を世界に先駆けて実現したものです。ロマンですね〜。晴嵐の母艦も当時の潜水艦では世界最大の「イ-400」。地球上のいかなる海域にも無給油で到達できるというなんともびっくりなスペックを持った潜水艦です。こちらもプラモがあるので近いうちにお届けします。

▲なんとも飴色のような成型色が特徴。晴嵐自体は緑です

 晴嵐本体のパーツに、クリアーパーツ、デカール。そして一番奥に見えるランナーが〜……

▲フロートとドーリー!!!

 まさに水上機型の晴嵐の特徴が凝縮されたランナーがこちらのフロートと移動用のドーリー(滑走車)のランナーです。特徴的すぎて隠れる気なんてさらさらないドーリーくん。晴嵐とともに最小限のパーツ数で素晴らしい完成度となっていますよ。

▲11パーツで構成されるドーリー。組み立ての登場は終盤ですが、最初に作ってももちろんOKです。
▲これが5分で完成しちゃいます!!
▲車輪もまわるぜ〜。パーツは接着なしの嵌め込み式

 ドーリーに乗せる、晴嵐もすごい! 組みやすさ、モールドのキレ、どれをとっても一級品のプラモです。

▲キットは1997年生まれ。リベット、筋彫り、どれをとっても最高です
▲コクピットの様々なパーツが床から生えています。嬉しすぎる!
▲キャノピーは、前側は2種選択式。後ろは1パーツなので組み立てがとっても楽です
▲このコクピットの密度感!機銃までついてますよ
▲コクピット内壁も計器類などがモールドされているので、細かいパーツを接着して仕上げていくということがありません。快適
▲コクピットパーツと合体するとこの解像度。1/72スケールという小サイズに凝縮されたディテールが目を楽しませてくれます
▲胴体を接着する前に、機首におもりを入れるのを忘れずにね。尻餅ついてしまいます
▲流し込み接着剤です〜、ぴた〜。この快感を多くの人に味わって欲しい!タミヤの精度ならスナップフィットより楽しくて簡単!
▲零戦の空冷エンジンのようにボコっと口をあけたシルエットとは異なる液冷エンジンの晴嵐。スマートで美しい胴体です
▲お腹部分のディテールの美しさに惚れ惚れします
▲オンザライス!!!
▲まいう〜です。フロート機って迫力と美しさを兼ね備えていて最高です
▲機種から胴体へのラインはエレガント

 初めて作る水上機にこのタミヤの晴嵐と出会えたら絶対に幸せです。価格もお買い得。少ないパーツ数でピシピシと形になっていくし、晴嵐のベースともなるドーリーもついてくる。文句なしのプラモです。キットの指定色は緑ですが、無塗装銀をイメージしたシルバーに塗って、ドーリーに乗せてもカッコ良さそうですね。また実機は夜間の作業に備え、各部の結合用のピンやボルト類に夜光塗料が塗られていたとも言われています。想像力が膨らみますね。

 現在はアメリカのスミソニアン博物館で修復された1機が現存するのみです。ぜひこの週末楽しんでみてください。それでは、またね。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。