水性塗料でプラモが塗りたい!水性塗料専用のお立ち台「ウェットパレット」で塗料が踊り続ける!!

▲湿ったパレット?なんですかそれ?

 水性塗料の使用やオススメ塗装方法をお届けしている「水性塗料でプラモが塗りたい!」。今回は水性塗料の筆塗りが快適になっちゃうパレット、「ウェットパレット」をご紹介します。以前アーミーペインターのものもご紹介しましたが、今回はGSIクレオスのパレットを紹介しながら、改めてウェットパレットを見て行きましょう。

 こちら、ウォーハンマーなどのミニチュア塗装を楽しむ人にとってはすごく馴染みのあるパレット。このパレットを使えばパレット上の水性塗料の乾きを遅らせることができて、塗料を長い時間使えるようになりますよ〜〜。手作りでもできるのですが、300円で「Mr.ウェットパレット」という直球アイテムが売ってますのでご紹介します!

▲パッケージの裏には使い方がしっかり解説されてますよ〜
▲開封すると、中にはトレイと、スポンジ、パレットシートが入っています
▲パレットシートは20枚。どっかでみたことある感じ…
▲クッキングシートにそっくり!そしてミニチュアペインターに聞いたら、クッキングシートで代用できるとのこと。中のシートを使い切ったらクッキングシートで代用しちゃおう!
▲トレイにスポンジを入れたら、スポンジを湿らせるように水を注ぎます。少量注いで〜
▲指で押してスポンジに水を染み込ませます。トレイから溢れるくらい水をやってはダメです!スポンジが適度に湿っている程度で大丈夫です
▲パレットシートをスポンジの上に置けば、これで準備完了です!

 スポンジに染み込んだ水分が絶妙にパレットシートを湿らせます。パレットシートの水分により、塗料が長時間乾かないでいられます。

▲エマルジョン系と呼ばれる完全水性のアクリジョン、シタデル、ファレホはウェットパレットとの相性抜群。写真のファレホはエアブラシ用に薄められたファレホエアーですが、僕はこの薄さが好きで筆塗りでも使います

 ウェットパレットは「水性塗料」専用です。また水性ホビーカラーやタミヤアクリルは「水」よりも専用の水性ホビーカラーうすめ液とタミヤアクリル溶剤との相性が良く完全彗星ではありませんので、ウェットパレットの使用はあまりオススメしません。水を吸い、塗料本来のパフォーマンスを発揮できなくなります。

 オススメは、アクリジョン、シタデルカラー、ファレホなどのエマルジョン系塗料になります。こちらは水との相性が抜群で、水だけで薄める・洗うができる完全水性なのでウェットパレットの上で長時間生き生きしていますよ。

▲左からシタデル、ファレホ、アクリジョンをパレット上に移しました。2時間放置します
▲2時間後。明らかに湿ってますね。全く乾いてません

▲ファレホエアーを塗ってみます。出したばっかりのような薄い濃度を保ち、さ〜っと表面が染まります!
▲アクリジョンもピッチピチ。全く問題なし。シタデルも無敵状態でした

 このように塗料の乾燥にビビることなく長時間筆塗りを楽しめます。塗料を瓶生で使うなら、乾いてもその都度足せば良いですが、混色した状態で広い面積を塗りたい場合、「塗料の乾燥」は悩みの種です。混色って調整が難しいので同じ色を作り続けるのは大変です。ウェットパレットがあればその悩みも解決できますね。筆塗りが快適で楽しくなっちゃいます。300円で快適をゲットできるなら待ったなしですよ!

▲休憩などで長時間塗装を止める時は、ラップで密閉してあげるとさらに安心!! またね〜〜〜
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。