プラモオペレーションメテオ!年末はガンダムフォワード片手に「ガンダムW」のガンプラで盛り上がろう!!

▲模型雑誌ホビージャパンがお届けするガンダムオンリーマガジン「ガンダムフォワード」。第4号は「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」をフィーチャー!

 最新ガンプラ「MG 1/100 ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka」も発売されガンプラシーンでも盛り上がりを見せる「ガンダムW」のモビルスーツたち。キャッチーなガンダムとかっこいいキャラクターの組み合わせは、その後のガンダムシーンの一つの基本形を作り出した作品とも言えると思います。とにかく全ガンダムがかっこよくてガンプラをモリモリ作りたくなります。フミテシもプライベートで一人オペレーションメテオを着々と進行しております。

 僕のようにオペレーションメテオ状態の方にはぴったりの1冊! 特集タイトルにもあるようにガンダムWの5機のガンダムをそれぞれ5つの製作テーマに分け、ホビージャパンのモデラーが腕によりをかけた作例とともにテクニックがバンバン紹介されます。キットがさらにカッコよくなるヒント満載です! 

▲表紙を飾るコボパンダ製作の「XXXG-01W ウイングガンダム EW」。最新キット「MG 1/100 ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka」に「MGウイングガンダム Ver.Ka」のパーツを移植してウイングガンダム EWを製作

 

▲月刊ホビージャパンで長年トップモデラーとして活躍している木村直貴氏によるヘビーアームズの作例は、スケールモデルも得意とする木村氏の本領発揮作。増加装甲、ウェザリング、チップングと全てのバランスが素晴らしい!これ見たらヘビーアームズが作りたくなること間違いなしです!!

▲新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 劇場版のパンフレットに掲載された、カトキハジメ氏のイラストを再現した写真を見ると、やっぱり5機揃えたいぜ!とテンションが上がります
▲この翼の生えたトールギスは!?表紙にも掲載されている本誌のもう一つの目玉作例。すんごい綺麗な作例なんで、穴が開くまで見て欲しいです

 ガンダムWのガンダムって、清潔に作ってもすごくカッコいですし、劇中で非常に過酷な中、キャラクターとガンダムがシンクロするようにボロボロになっていく…美しいものが崩壊していくかっこよさというものもガンプラで楽しむことができますよね。本書では数多くのテクニック紹介と作例で、ガンダムWのガンダムたちの魅力を改めて提示してくれます。本書を読みながら年末年始、仲間と1体ずつガンダムWのガンダムのガンプラを購入してリモートオペレーションメテオを楽しむなんてもの良いかもしれませんね!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。