ホビージャパン最新号はプラモに盛り込んでみたい「ディテール表現」が満載!

▲毎月25日発売の模型雑誌「月刊ホビージャパン」。今月はキャラクターモデルのディテールアップの様々な手法を特集しています
月刊ホビージャパン2020年10月号

月刊ホビージャパン2020年10月号

1,080円(09/28 06:27時点)
発売日: 2020/08/25
Amazon

 表紙を飾るのは、なんとマスターグレード(以下MG)のZガンダム(1996年発売のキット)を徹底的にディテールアップした作例(製作/木村直貴)。そう、模型雑誌「月刊ホビージャパン」の特集は様々なディテールアップ表現をご紹介する特集です。キャラクターキットに“スケールモデルのディテールや塗装表現を盛り込む”というコンセプトで展開されます。作例の数は絞りながら、それぞれ1作品ごとに、各ディテールアップ表現を掘り下げた記事となっています。

▲ゴンブトなラインナップな作例たちがあなたをお待ちしております
▲Zガンダムには航空機のテイストを盛り込みたくなりますよね。パネルライン表現、アンテナ、航法灯などを盛り込んでディテールアップ
▲nippperでも活躍するライター・しげるが「飛行機の実機のパネルラインってこんなものでっせ~」と解説するページが作例の後に掲載。写真も豊富なので、ディテール表現の参考になります
▲情景王・山田卓司によるMGギラ・ドーガは戦車模型のディテール表現を盛り込みまくった激アツ作例。超強そう!鋳造表現、ツェメリットコーティング、カラーモジュレーションと盛りだくさん!!
▲私、フミテシもツェメリットコーティングについて簡単に解説させてもらいました

 模型には様々なディテール表現があります。そしてそれを見たり、実際にやってみたりすると「なんかいい感じじゃないか~、俺の模型」って気分に浸り楽しくなれることは間違いないです。こういった表現はいろんなジャンルからいったり来たりして生まれていきます。様々なモチーフの模型を楽しむと、それだけいろんな表現と出会えると思います。今月のホビージャパンのように、スケールモデル的な表現をキャラクターキットに取り込むもよし、逆に女の子プラモのようなキラリとしたアクセント表現をスケールモデルやガンプラの一部に使用することだってできます。模型のディテール表現は無限大です。みんなで模型を作りまくってたくさん見つけて、どんどん公開して意見交換していきたいですね!ぜひ今月のホビージャパンを読んで、ディテール表現の入り口をくぐってみてください。

月刊ホビージャパン2020年10月号

月刊ホビージャパン2020年10月号

1,080円(09/28 06:27時点)
発売日: 2020/08/25
Amazon
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。