ミスっても大丈夫!瞬間接着剤は「家にあるアレ」でツルッとキレイに剥がせます。

 フェ〜〜〜〜今日は作業スペースをめちゃくちゃ掃除したぞ。プラスチックのカスや塗料の粉を全部拭き掃除して、塗装ブースのフィルターも選択。気分がいいぜ。そして最後に机の中央にガラスカッターマットを置いて完了……と思ったらオイ!瞬間接着剤がくっついとるやないかい!!

 平らなのに意味があるガラスカッターマットに瞬着が跳ねてると、ここで作業したときにボコッとしてイヤじゃないですか……。何、見えない?

▲マクロレンズ〜〜〜〜!

 ガラスカッターマット事件に限らず、プラモを製作中に瞬間接着剤がパーツ表面にピッと糸を引いたり、貼りたくないところにはみ出したり。それから一度貼って「あ、間違えてた」って剥がしたところはもう一度瞬間接着剤で貼ろうとすると全然くっつかなくなるんですよね。

 そんなとき、瞬間接着剤を速攻で剥がしたいじゃないですか。世の中には「瞬間接着剤はがし液」みたいなものもあるんですが、常備している人でなければ対応できません。そんなとき使えるのが除光液でございます。マニキュアを剥がすアレです。

【注意】アセトンの濃度が非常に高い除光液ではプラスチックをみるみる溶かす事例があるようです。この処置をする前に、必ずテストピース(不要パーツやランナー)で除光液の溶解力を確認することを推奨します。

▲こんなはみ出しも
▲ツルリ!
▲成分に「アセトン」と書いてあるやつを選びましょう。100円均一ショップでも買えるぞ。
▲大面積を拭きたいときはティッシュ、小規模なはみ出しなら綿棒に染み込ませます。
▲ヤー!!!
▲すっかりきれいになりました。

 アセトンは瞬間接着剤を溶かすというよりも塊をジワッとふやかしていくようなイメージで効きますので、厚みがあると完全に溶けきるまで何度か拭く必要があります。また、プラスチックを割るほどの浸透力はないですが、クリアーパーツや塗膜に除光液が付くと激しくツヤ消しになる(多分表面が微妙に溶ける)ので使わないようにしてください。

 ツールの手入れやミスの修正に除光液。入手がカンタンで、手ごわい瞬間接着剤がビシッと拭き取れますからぜひとも一本常備しておいてください。

 そいじゃーね。

paアセトンリムーバー rem02

paアセトンリムーバー rem02

672円(09/28 02:20時点)
Amazon
<em><a href="/author/kalapattar/">からぱた<br></a></em><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/kalapattar" target="_blank">@kalapattar</a>
からぱた
@kalapattar

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。