ドキッとする「透け」は飛行機模型にもあり!「透け」を無くして「隙」を無くす夏。

▲飛行機模型のキャノピーの枠!模型お悩み相談室の電話がよく鳴る案件ですね

 「透け止め」とか、「黒止め」とか、みなさんは聞いたことありますか?(←え?なんすか?byフミテシ)。検索するとこの季節に見られるエアリーでシアーなおしゃれ服ばかりが表示され、透けを活かした涼しげな着こなしがたくさん出てきます。逆に「透けない着こなし」なども表示されますね。模型とは関係ない言葉のように聞こえますが、そんなことはないのです!!

 ズバリその正体は、主に飛行機のクリアーパーツに使われるテクニックです。飛行機のコクピットの窓であるキャノピーはだいたいクリアーパーツになっています。そしておおむねフレームも一体になっているので、透明な部分をマスキングしてから塗装するわけです。

▲もはやお前もキャノピーなのでは?と思えてくるスケスケマスキングテープ。今日もよろしく

 クリアーパーツは外側を塗っても、クリアーだから外の塗料の色を内側から見ることができます。これが結構やっかいで、たとえば「外側が白だから」というのでそのまま白を塗ると、白が透けて見えちゃうわけです。逆光だとさらに透けます。ですので、逆光でも塗装が透けていないようにすることがポイント。これはマシーネンクリーガーの生みの親・模型番長の横山宏さんも言っています。都合のいいことに実機も内側を黒く塗っていることが多いので黒をキャノピーの外側に先に塗ってしまうのですね。

▲この画像、左半分がなんだか白っぽい。右が黒ですね~。そんなのどうでもいいじゃんと思うかもしれませんが、これが大事

 こうした内側の色をうまく見せないために、先に黒などの色を塗るのが透け止めです。まず黒を塗って、その上から外装の色を塗る。

▲マスキングしてキャノピーの外側を黒で塗る!

 そうすると内側に見える色は黒にすることができ、同時に透け防止になります。ものによっては飛行機の機内色で塗ってあげてもいいと思いますが、自分は黒子の部分だと思って基本は黒で塗ってしまいます。

▲飛行機模型のキャノピーの塗装を先に済ませておくと、のちの自分から、ひとりスタンディングオーベーションが贈られることでしょう。パチパチパチ
▲黒の上に本体色を塗ってマスキングテープを剥がせば完成~。奥の内側を見てみてください。黒によって透けてないですね

 こうした塗装はめんどうなキャノピーのマスキングとあわせて、自分はそれなりの数をまとめてこなしてしまういます。「今日はキャノピーをまとめて処理する日!」という感じでやってしまいます。明日の自分のために!黒くしたキャノピーは外皮の塗装のときに一緒にまた塗りましょう。あと。でかいキャノピーがある模型には超効果絶大ですよ!!

 この透け止めというテクニックは、さらっと解説されることも多いのですが、外から覗いてみると地味に効いてくると言うか、やらないとなんとなく気になってしまうような、満足度に直結する作業です。重箱の隅をつつくような地味テクって自己満足の局地みたいなところですが、それも模型の楽しいところ。作った模型を手にとって眺めて「ここやったのよね~」なんて思うのって楽しい時間ですよね。

Mr.カラー GX GX2 ウイノーブラック

Mr.カラー GX GX2 ウイノーブラック

184円(09/23 06:18時点)
Amazon
ガイアノーツ GS-03 サーフェイサー エヴォ ブラック 50ml

ガイアノーツ GS-03 サーフェイサー エヴォ ブラック 50ml

660円(09/23 06:18時点)
Amazon
タミヤ 1/48 傑作機シリーズ No.114 グラマン F-14A トムキャット プラモデル 61114

タミヤ 1/48 傑作機シリーズ No.114 グラマン F-14A トムキャット プラモデル 61114

5,800円(09/23 06:18時点)
Amazon
タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション No.79 日本海軍 三菱 零式艦上戦闘機 52型 プラモデル 60779

タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション No.79 日本海軍 三菱 零式艦上戦闘機 52型 プラモデル 60779

1,018円(09/23 06:22時点)
Amazon
けんたろう
けんたろう

各模型誌で笑顔を振りまくフォトジェニックライター。どんな模型もするする食べちゃうやんちゃなお兄さんで、工具&マテリアルにも詳しい。コメダ珈琲が大好き。