タミヤの「新・グレイハウンド」は戦車模型界の幕の内弁当じゃ!!

▲タミヤの1/35MMシリーズのM8グレイハウンドに、アメリカ戦車兵セット(ヨーロッパ戦線)、1/35 連合軍車輌アクセサリーセットからピックアップしたパーツ、新規の10 in 1 レーションカートン(WWII)をセット

 幕の内弁当のような戦車模型が発売されました。戦車模型のおもしろ要素が、箱を開けた瞬間に飛び込んで来る。それがこちら、タミヤの「アメリカ軽装甲車 M8グレイハウンド 前線偵察セット」です。

▲箱の横にはイラスト付きでアクセサリーの解説がびっしり。模型店でついつい読んじゃうんですよね~。そしてワクワクしてレジへGO!!

▲この景色があなたの目の前に誕生します。車両、人、アクセサリー……あなたの視界に収められている範囲が戦場へと変わります

戦車模型には、このキットが語ってくれているように「車両」、「人」、「アクセサリー」と様々な要素を絡めて模型製作を楽しむことができる豊かな世界があります。そのため数多くのキットやアフターパーツが世界中にあふれています。
とはいえ、個々を揃えてくるのは大変です。このようにワンパッケージでそろっていることで、“タミヤからのひとつの正解の形”を教えてもらうことができ、その経験は次の製作に活かすことができます。
作り方が簡単なだけが模型の入り口ではなく、その模型ジャンルの楽しさを味わえるこのセットのようなものこそ模型の楽しさや知見、もう1個模型を買ってみようかな? という入り口となるものではないかと作って体感しました。どんなキットか見ていきましょう。

▲説明書もこのようにM8グレイハウンドの物と、今回の前線偵察セットでの追加要素をまとめた2種が入ります

■M8グレイハウンド

▲まずは幕の内弁当の白飯・M8グレイハウンド。6輪駆動による高い機動力でアメリカ軍機甲部隊の目として偵察任務で活躍します。
▲M8グレイハウンドのドライブシャフトはこのようにランナーの中でほぼ完成しています!
▲このパーツを中心に細かいパーツをつけていきます。6輪駆動の足回りの構造を適度なパーツ数で味わえます

▲車体内部も細かく再現されているのには驚きです。オープントップの砲塔であること、ハッチの開閉を選べるキット仕様によるものと思われます。内部をのぞき込んだ時にちらりと見える戦車模型的チラリズムに応える構成です

▲タイヤはポリパーツも合わせて5パーツ。とはいえ4パーツは内側のパーツでほとんど見えなくなるので、ニッパー直切りでバンバン組んで次の工程に行っちゃいましょう!!
▲オープントップ砲塔の見せ場、砲塔の内側! 砲塔内側の砲弾ラック、37mm対戦車砲M6、砲塔バスケットと気合入りまくりの作りです!

▲完成した砲塔を上からのぞき込むと、ディテールが密集して高解像度に。フィギュア無しの場合でも安心です


■人! 「アメリカ戦車兵」

▲このキットには2種のフィギュアが付属します。周囲を警戒する車長と、弾薬箱を運ぶ兵士です

▲車長です。M8グレイハウンドが発売されたのが1998年。22年前のものになります。頭・体・腕と非常にシンプルな構成
▲弾薬箱を運ぶ兵士のフィギュア。これは2015年に発売された「アメリカ戦車兵セット(ヨーロッパ戦線)」のキットにセットされている1体。今のタミヤのフィギュアのレベルを体感できる素晴らしいものです
▲パーツ分割がとてもユニークで、パズルのようにカチカチと組み合わさります。合わせ目もほとんど出ず、しわとしわをがす~っと合わさってく体験をすると、タミヤのフィギュアの虜になってしまいます
▲組み立てへの配慮も素晴らしいのが昨今の特徴でもあります。がっちりと接着できるように大きな糊代と向きを間違えない構成で、多くの人が1/35スケールの人間をきれいに組み立てることができます
▲人の有り無しでは車両の見え方が大きく変わるのが戦車模型の面白いところです。上の写真ではただの車両ですが、下のように人が乗ることで「偵察」となり、車両の持つ意味や景色が一気にイメージされます

■アクセサリー

▲豊か!!こりゃ戦争勝ちますよ……なんて思っちゃうくらい荷物パーツがてんこ盛り。車両に盛ることでパーフェクトガンダムみたいに一気に迫力が増します
▲荷物の中で注目なのがこの「10 in 1 レーションカット(WWII)」。こちらこのキットで新たに登場したパーツです。紙製でカットして組み立てます
▲全部で8カートン分作れまして、外箱、スリーブ、中箱2種で構成されます。開いた状態や閉じた状態、作りたい景色に合わせて選択できるようになっています(僕みたいに組むのへたっぴでべこべこでも気にしない!戦場でべこべこになった!と言おう!!)

▲右のM2機関銃ランナーの他に、タミヤのMMの「No.360 アメリカ軽戦車 M3スチュアート 後期型」にも入っている最新アップデートされたM1919機関銃もセットされ、砲塔周りの解像度が一気に上がります

▲車両にこんな感じかな~って荷物を盛ったり、傍に人を立たせて遊ぶというのは、それこそシルバニアファミリーのような玩具でも楽しまれていますね

キットは過去のタミヤの物をピックアップしたバリエーション商品ですが、車両、人、小物が織りなす物語を思う存分楽しめます。このキットで戦車模型の豊かな景色を見たあなたにはきっと素敵な模型ライフが待っていると思います。「アメリカ軽装甲車 M8グレイハウンド 前線偵察セット」ぜひ楽しんでみてください。

■小物の面白さを超追及!「アーマーモデリング 2020年5月号が超面白い」

戦車模型雑誌「アーマーモデリング」の2020年5月号(発売中)ではアクセサリーを中心に特集。小物が生み出す効果や、小物自体の意味、小物を活かすための戦場写真の見方など、小物を通して戦車模型の見方を教えてくれる素晴らしい号です。アメリカ軽装甲車 M8グレイハウンド 前線偵察セットとの相性抜群ですよ!

■タミヤ 1/35スケール アメリカ軽装甲車 M8 グレイハウンド 前線偵察セット 本体価格4200円(税別)

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。