プラモの筆塗りこれ1本!!「ウィンザー&ニュートン シリーズ7 No.0」

▲模型店や家電量販店で、この筒見たことあります? めっちゃかっこいいけど、ちょっと威圧感ありますよね。この中にはとっても使いやすい筆が入っているんですよ!!

 細部塗装から、広い面までほとんどこれ1本で解決すると言っても過言ではないのが、今回ご紹介する「ウィンザー&ニュートン シリーズ7 No.0」です。英国を代表する高品質な筆で、シリーズ7は全て職人の手作業で作られていると言われています。そんなすごい筆がこのお値段で買えるなんて……。僕のメイン筆はこのシリーズ7のNo.2(番号が大きいほど太い)でしたが、あまりにも歴戦になったので、少しだけ細いNo.0を新調しました。筆のまとまり、水分の含み、コシ、すべてが最高です。天然毛のコリンスキーセーブルが使用されています。良い筆こそガシガシ使って、模型を楽しんで行きましょう!!

▲シリーズ7は英国王室御用達!! 英国靴にも負けない気品がありますな!!!

 このシリーズ7は物語が凄いです。英国王室御用達の水彩用筆(水性塗料との相性抜群です。ラッカーなど溶剤が強いのは避けましょう)で、1866年にビクトリア女王の命令で作られました。その様な起源のある筆も、国内の模型店や家電量販店で普通に買うことができるのですから、すごいもんです。

▲ミニチュアの文字!! 私たちの筆確定ですね!!!

 この筆の特徴は、穂先は細く、中央がぷっくりと膨らんだ形状をしているところにあります。穂先もちょっと長めです。これによりしっかりと水を貯め込むことができるので、息切れすることなく塗料を排出し続けます。穂先を使えば細い線が引けて、お腹まで使えば太い線も描けるので、1本で様々な用途に対応できます。

▲筆塗りのコントロールが粗いゴリラなオラでも、このように細い線から太い線まで、この筆1本で引くことができます
▲ウォーハンマーの細かいディテールも怖くないです!!
▲上が使い込んでるNo.2。下が新調したNo.0。No.2はこんなに歴戦になっても、めちゃくちゃ言うことを聞いてくれます。もう2年くらい使っています

デザインが最高にかっこいい上に、穂先の形状で様々な塗りに応えてくれるウィンザー&ニュートンのシリーズ7。あなたの筆塗りの強い味方になってくれること間違いなしです!!! ぜひゲットして、筆塗りを楽しんでください。それでは!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。