組み立てる前に塗装したい2大巨頭を攻略だ!!/初めて作るヒコーキモケイ

▲飛行機模型には、組み立てる前に塗装しておいた方が良いパーツや場所があるよ! その代表がコクピットと、機体内部なんだ!!

 これから飛行機のプラモを作ってみたいという人に向けて、いっしょにイチから楽しんでいく連載「初めて作るヒコーキモケイ」。今回は、飛行機模型の中でも、組み立てる前に塗っておくと良い2大巨頭をご紹介します!!

▲コクピットや~
▲機体内部は、組み立てる前に塗装しておくと、あとから苦労しなくて良いよ。これは全スケールの飛行機模型で共通しているんだ

 飛行機模型は、一番最初にコクピットや機体の内部を塗っていくのがオススメ。なぜなら、組んでからだと筆が入らないところ、塗りにくいところが出てくるからです。小さめの飛行機模型なら組んだあとから筆を突っ込んでも良いですが、まずはスタンダードな方法で攻略してみましょう!

▲オーソドックスな方法でいちど完成させれば、なぜ「あとから塗装」でもイケるのかも分かるはず。とはいえ、まずは定番の方法を覚えてね!

 コクピットの大きなパーツは切り離してから塗装してもOKですが、細かいパーツはランナーに付いた状態で塗装した方が圧倒的に塗りやすいです。
 機体内部は左右胴体パーツを貼り合わせてしまうと塗りにくくなってしまうので、塗装してから貼り合わせるようにします。それぞれじっくり見ていきましょう!

▲これだけディテールが入り組んでいるから、組んでからだとどうしても塗りにくくなってしまうよ
▲コクピットパーツをチェック。大きなパーツは切り出して塗装してOK! 切り出してから塗ると、ゲート部分を再度塗る必要もなくなるね。小さいパーツは、ランナーに付いたまま塗った方がいいよ
▲コクピットや機体内部は、ダークイエローで塗っていくよ

 コクピットパーツは、完成後にちらりと見えるだけ。だから筆塗りの感覚を掴むのにも良いパーツです。まずは大胆に色を塗ってみて、筆塗りでパーツの色が変わる瞬間を楽しんでください!

▲ディテールの細かい箇所や奥まった所があれば、最初に塗ろう!

▲コクピットの床板のパーツは大きいので、最初の一手にちょうど良い。完成後も目立たないパーツだから、平筆で一気に塗ってみて!

 奥まった場所などは塗料が入りにくいので、最初にピンポイントで狙います。そうすることで、厚塗りしてしまうことを防ぐことができます。これをやるだけで、本当に筆塗りがキレイに見えるようになります。

▲全体を一度塗ったら、しっかり乾かしてね。完全に乾いたら、もう一度塗り重ねよう! 乾かないうちに重ね塗りすると、下に塗った塗料が溶けて汚くなってしまうよ
▲ランナーについている小さいパーツから、先ほど塗ったコクピットの床板と同じ色をジャンジャン塗っていこう!!

 説明書の塗装指示を見て、ダークイエローで塗装ができるコクピットのパーツをチェック。同時に塗っておきましょう! 同じ色のパーツをチェックして塗っていくことで効率良く塗装が進みます。

▲1回目は下地が透けるくらいでOK。この状態で完全に乾かすよ
▲乾いたら、2回目を塗るよ。これでダークイエローがしっかりと発色する。塗装は慌てないことが肝心だ
▲胴体内部の指定色もコクピットと同じだね。ディテールに塗料が溜まらないように、先にディテール部分を塗ってから、全体を塗装しよう

 次は塗装中でぜひともやって欲しい、小まめな筆洗いを紹介します。塗る色をチェンジする時にも筆を洗うのは必須なので、覚えてください。

▲筆にしっかりと付いている塗料を、水性ホビーカラー専用うすめ液で洗い落とすよ

 色を変えるとき、塗装中に筆の塗料が乾いてきて塗りにくくなった時には筆を洗ってください。小まめな筆洗いは、キレイに塗るためにはとっても大事なことです。

▲塗料皿に入れた水性ホビーカラー専用うすめ液で、筆をじゃぶじゃぶと洗うよ
▲ペーパーパレットの上で、筆をポンポンと叩くようにしてうすめ液を拭う。叩くことで、筆の根元に溜まった塗料を押し出すことがでるぞ!
▲キレイになったよ! 筆がベストの状態になったので塗装を再開するよ!!
▲黒で指定されているパーツを塗装
▲ダークイエローと黒で指定されているコクピットのパーツを塗り終えたよ!
▲パーツを切り離して、組み立てよう。接着剤は塗料を溶かしてしまうから、接着箇所にピンポイントで塗るようにしようね。接着剤の付け過ぎにも気を付けよう!
▲コクピットが塗り上がったよ!!! いい感じだね

 コクピットは細部にもっと色指定があります。まずは今回のように、指定されているメインの2色だけ塗装して組んでみてください。上の写真のように、充分見映えのするものに仕上がりますよ。
 次回は、タミヤの飛燕ならではのパーツの塗装をご紹介します!! お楽しみに~。

▲次回はこちらでお会いしましょう!! チャオ!!!
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。