絶対に筆塗りがキレイになる「塗料と筆の準備」お届けします/初めて作るヒコーキモケイ

▲今回ご紹介する2点を行うだけで、筆塗りが断然楽しく&いい感じに塗れますよ!
▲今回使用するのが、こちら。GSIクレオスの水性ホビーカラーだよ

 これから飛行機のプラモを作ってみたいという人に向けて、いっしょにイチから楽しんでいく連載「初めて作るヒコーキモケイ」。今回は塗装においてとっても大事なツールとマテリアルである「塗料」と「筆」のウォーミングアップをご紹介します! 超基本なのですが、めちゃくちゃ大事なのでぜひ覚えてください!! これだけで、いつもより本当に筆塗りが良くなると思います。

▲塗料の蓋を開けると、なんだか濁った上澄みが!!!

 まずは絶対に行って欲しいのが、塗料の攪拌です。よ~~~~~く混ぜまくってください。水性ホビーカラーはこのような濁った上澄みが特徴です。透明塗料であるクリヤー系の上澄みも濁っており、しっかりと攪拌すると無色透明になります。この濁りが無くなるまで混ぜましょう。

▲タミヤの調色スティックは、塗料を混ぜるのにとっても便利だよ。しっかりと混ぜます
▲上澄みの濁りが無くなって、塗料本来の色味になったよ! このようになるまでしっかりと混ぜようね

 塗料を混ぜ終えたら、瓶から塗料皿に使いたい分だけ塗料を移します。

▲先ほど攪拌に使用したタミヤの調色スティックが再び登場!
▲調色スティックで塗料をすくって、塗料皿に移すよ。これだけの行為だけど、とっても大事な工程。塗料を塗料皿に移すだけで、とっても塗装しやすくなるんだ

 水性ホビーカラーは瓶に入った状態で筆塗りに適した濃度になっているため、薄めなくても大丈夫。少し濃いかな~とか、薄くして塗りたいと思ったら、専用の水性ホビーカラーうすめ液で薄めてください。
 お次は筆の準備です。筆を買ってきて、いきなり塗料にドボンと漬けるだけはやめましょう。筆が塗料を受け入れる準備ができていません。ここでは筆に塗料を含ませるための準備運動を行います。

▲まず使用するのが、水性ホビーカラー専用うすめ液。これを塗料皿に移すよ
▲100円ショップなどに売っているスポイトがあると便利。お皿の半分くらいまで、うすめ液を入れてみてね
▲うすめ液の中に、しっかりと筆を入れて、筆にうすめ液を含ませるよ

 買ってきたばかりの筆にはノリが付いていることもあるので、それを溶かすために水やうすめ液で一度筆を洗います。
 さらに、こちらが最も重要な理由で「塗料がしっかりと筆先から出るようにするため」です。筆の中に水やうすめ液が給水されることで、塗料を筆先から排出しやすくしてくれます。しっかりと筆の中に貯まった薄め液のおかげで滑らかに筆塗りができるように、塗料が出なくて筆が突っかかるようなことが減ります。

▲給水したら、筆の中のうすめ液の量を調整するために、一度ペーパータオルの上に筆先をチョンとおくよ。給水したまま塗料をつけに行くと、うすめ液の量が多すぎてびちゃびちゃになることがあるから気をつけよう
▲筆にうすめ液が含まれている状態で、塗料を筆に含ませるよ
▲ここでも筆先の塗料を調整するよ。筆先には、自分が思っている以上に塗料が多く含まれていることが多いんだ。そこで筆先の塗料だけペーパータオルにちょんちょんと置くような意識で、調整しよう
▲塗ってみよう!! 厚塗りにもならず、筆からしっかりと塗料が出てきて快適に筆塗りができるよ!!

 筆の準備といいますが、これは塗装中でもこの行為を繰り返していきましょう。筆の中に十分な量のうすめ液を蓄えさせて、塗料をしっかりと筆先から流れていくようにしておくだけで、ただ塗料をつけて塗っていくよりも何倍も塗りやすくなります。この方法で、どんどんパーツを塗っていきますよ。次回はコクピットの塗装にチャレンジします!! お楽しみに!!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。