ストリートライダーに教わる、完璧な彫刻のプラモは塗装が楽!の巻

 1/12のバイクを持ってもないのに買ってきました。「タミヤ 1/12 ストリートライダー」。昨今のタミヤのフィギュアは、実際の物を3Dスキャンしたデータをベースに、原型師が造形しているそうです。そのせいか、たたずまいがとても自然なプラモデルだな~とも感じました。
 ムカシの戦車模型では「車両が良く出来ていても、フィギュアがちょっと残念!」なんてことがありましたが、このレベルまでリアルな彫刻になると戦車もフィギュアもどっちも主役という感じ。ナマモノ的なものも、インジェクションキットで素晴らしいものがどんどん発売していくんだな~と感慨にふけります。その代わり、今までのプラモフィギュアの「モッサリした感」が無くなって、なんだかひとまわり小さく感じる……そんな感覚を覚えたりもします。
 さて、ストリートライダー。出来の良いナマモノフェイスは2種入ってるのですが、残念ながらこんなに良く出来ていても、どちらかは使用しない……もったいないね。

▲「服の縫い目をパーツの合わせ目にもってくる」というアイデアも、昔なら思いついても再現できなかったのでは? 接着したら合わせ目が衣服を象徴する縫い目に変化してしまって、まるで手品でも見ている気分

 いつも塗装は「うすめ液で薄めたMrカラーの塗り重ね」なのですが、今回ジーンズ部分に「ティターンズブルー」をシャバっと塗ったら、凹凸に沿って塗料が溜まったり流れて行ったりして、うまい具合に柔らかそうに見えました。そのあと、軽くもう1回だけ塗ってフィニッシュ!! 自分でも驚いたくらいお手軽に雰囲気が出てしまいました!(塗装後、仕上げにつや消しクリアーを上掛けしています。)

▲塗り重ねてもこれよりうまくならない気がした…。

 逆にジャケットは重ね塗りしました。顔も肌色を塗って、白目・黒目、唇、ヒゲ剃り跡を色味を変えながら塗って、ブラウン系でスミ入れ。なんだかあっという間に完成してしまったんです。肌とか衣服とかは柔らかそうに見えるようにいろいろ工夫して塗装、というのがセオリーだったはずですが、彫刻が完璧だとそこまでしなくてもちゃんと柔らかく見えるのね~。すごいな!

▲ポーズは二種入りなので、どっち作るか、かなり迷いました。(なので、もう1つ買いたい!)

 かっこいいハゲ頭も再現できるのでそこから発想で「イチロー」(野球選手じゃない方)風にします。人造人間なので頭部の合わせ目も消さずにスミ入れしたりして。ちゃんとしたバイク模型は無いけどイチローだったらこれがあるよ、というわけで自作「仁王像は赤く塗れ!」と共演!。
 では今からヘルメットをかぶって仁王と共にバイクプラモ、買ってきまーす。

馬渕 洋
馬渕 洋

52歳。年長フリーター、彫刻家、特殊工作人、BQ artist、邪道書家、から好きなものをお選び下さい。