落ち葉でパンチが効いたプラモになる!!! リアルをプラモの素材にクラスチェンジ!!!

▲本物の落ち葉、プラモに使っちゃおうぜ!!!

戦車模型やダート車両などで足回りの汚し塗装や、地面を作る時のスパイスとして効くのが、「植物」です!! そしてこのやり方はとても簡単!!! 戦車模型を汚すウェザリング塗料の中に混ぜたり、塗った上にパラパラと撒いたりするだけです。青々とした植物、枯葉などを選択する植物の状態で季節感も表現できますよ。

▲ウェザリング塗料のほかに、公園で拾ってきた落ち葉や、市販の情景用草

私は、Mr.ウェザリングペーストやAKインタラクティブのペースト状の塗料に植物を混ぜ込んでいます。植物は市販のものの他に、公園の落ち葉が超使えます。なんと言ってもマジなリアルなので。そのリアルを素材にしてくれるナイスなツールが、グリーンスタッフワールドの「リーフパンチ」です。ナイスなパンチが効く素材が出来上がりますよ。

▲落ち葉を挟んでパンチするだけ。ワンパンチで3パターンの葉っぱの形になります。でかい葉っぱが小さな模型用素材の葉っぱにクラスチェンジします

落ち葉をカシャンとパンチするだけ、落葉素材が出来上がります。綺麗にカットできたものだけでなく、形が崩れてしまったものなども使用するとさらに雰囲気アップ! 本物から出来上がった素材は伊達じゃないです。

▲市販の情景用植物はランダムな長さにハサミでカット
▲後は塗料の中に投入してねるねるね〜るね
▲履帯に先ほど作った塗料を塗ってみます。泥以外の要素が増えるだけで、いつもと違う情報量に!!!
▲混ぜるだけでなく、ペーストを塗った後に植物を載せると、目立つのでより存在感が出ます

履帯や足回りサスペンション奥に特に入り込むので、作製した特製ペーストを塗り込んで行きます。ペーストのみだとのっぺりしている部分ですが、葉や草が付着しているだけで更に立体感が増します。履帯の上なんかにも葉っぱを置いちゃうと「動いてる」感が出て良いですよね。お好みでMr.ウェザリングペーストウェットクリアを使用し湿度感を出すのも大好きでよくやっています。泥の中だけでなく車両のデッキやジオラマの水たまりに少し添えたりするのもかっこいいのでオススメですよ!! 今までのウェザリングにぜひ植物要素も加えて楽しんでみてください!!

kanayama
kanayama

1981年生まれ。徳島県にて会社員をしながら模型と自転車を楽しんでいます。