模型屋さんで出会ったネイビーの片刃ニッパー。「ミネシマ D-26 フィニッシングニッパー」

 この夏はなんだかネイビーの物ばかり買っています。デニムにネイビーのVANSのスニーカー。ネイビーという色が大好きです。そして最近ニッパーを新調しました。愛用していた片刃ニッパーの刃が豪快に折れてしまったんですね。プラモゴリラの名をnippperメンバーから頂いたフミテシだけに、パーツカットも豪快です。購入したのは模型工具メーカーの老舗「ミネシマ」のフィニッシングニッパー。ホビーショップのボークスでニッパーを見ていたときにグリップの色のネイビーに一目惚れ。無骨なデザインもプラモゴリラのおいらにぴったりじゃん!ウホウホっとレジに持って行ったのでした。

▲何かと青っぽい物ばかり着ているこの夏。購入したVANSのアナハイムファクトリーモデルは、普通のものとデザインは同じだけど、ソールの厚さとかキャンパスの素材がアップグレードされていて別物。アナハイムって響きも魔法ですよね
▲ミネシマさんらしい伝統的な工具パッケージ。赤い台紙の色が店頭でも目にズバッと刺さります
▲ニッパーの他に刃を保護するキャップも付いてきます。スキニーデニムもびっくりのぴちぴち具合なので、収納するときは気をつけてね
▲刃の薄さも十分。個人的には刃の長さが絶妙で、いろんな模型のパーツのゲートにリーチしやすかったです
▲個人的1番のお気に入りはグリップの硬さ。僕はちょい硬めが好きなんで。ゴリラだから。グッと握り込む感触があり「切るぞ!」という動作と脳の命令にズレがありません
▲小さな艦船模型のパーツもなんのその
▲パーツにピッタリを刃を合わせた直切りでこのレベル。大満足です!
▲ランナー枠をカットしてみました。中央部は少し白化しましたが、切り口は綺麗

 薄刃片刃ニッパーは戦国時代を通り越して、多くのメーカーが切れ味以外にも様々な価値観をPRしている印象です。その中から、自分にあったものを見つけられると、あの工具への愛着も湧きますよね。僕はニッパーはある程度丈夫でいてほしいというのを最優先します。その中でもこのミネシマのフィニッシングニッパーは刃もバネもしっかりしていて安心。デザインも好きです。

 僕は片刃と両刃を使い分けているので、大好きなタミヤの両刃の薄刃ニッパーとともに愛用していこうと思います! それでは!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。