ディテールアップにクリティカルヒット! 「HGディテールパンチ」を打つべし!打つべし!


 なにかにつけ変わり種のツールを発売するのホビーメーカーのWAVEから、また面白いツールが登場しました。それがこのディテールパンチHGです。

 これが何かというと、同じカタチのプラ板などをガンガン量産する工具で、しかもバラエティに富んだ台形の形状にプラ板をする、というアイテムです。今回は台形1と台形2を見ていきます。

▲こんなかっこいいディテールがお手軽にできちゃう!!!

 同じプラ板が量産されたらどうなる? という疑問がまず浮かぶと思いますが、それを重ねることでこうしたルーバー状のディテールが作れる、ということなんです。めっちゃい良いですよね!

 みんな大好き、ルーバー状のモールド。実車でもこんな感じで、いかにも「給排気などなど担当しています」、という感じで配置されています。キャラクターモデルの世界だと、装甲の裏やノズルによく配置されている印象です。

 ツールの動作としては事務用具の穴あけパンチ(2穴タイプ)と同じです。押すと金属の刃がゆっくりと降りていき、あいだに入ったプラ板をバリッと抜いていきます。

 裏側を見てみます。最初はこうして穴があって、あいだにプラ板などを差し込むスリットも見えています。

 押し込むと中央のブロックが穴からせり出してきます。まさに穴あけパンチのようにその形状のまま打ち抜きます。

▲奥までしっかりとプラ板を入れてください。厚いプラ板は打ち抜けません

 実際に使うときは、プラ板などを溝に差し入れます。奥側に当たるまで入れて、動かさないようにしましょう。プラ板は厚さ0.3mmが限度となっています。

▲グッと一気に押し込んでください!

 あとはエイヤッと上のレバーを押し下げます。端のあたりをぐっと下まで押すと、刃がプラ板を打ち抜くバシッとした音や感触があります。しっかりレバーを押し込むのがポイントです。

▲綺麗に打ち抜けました!

 そうするとこんな感じでプラ板が抜けます。台形2、はギザギザとした波形の板ですね。具体的には全体サイズが40mm×10mm、山の幅が7mm、5mm、3mm、2mm、1mmと並んでいます。

▲プラ板を短冊状にしたものを準備すると、効率アップ! こちらは台形2で切り抜いた状態

 実際には大きなプラ板よりも、幅を揃えた短冊を食べさせるほうが効率が良さそうです。プラ板が内部に残っていると噛み込んで大変なことになるので、短冊の場合奥に残る小片もしっかり取り出しましょう。また試しに0.5mmのプラ板を使ったら、固く切り抜けず弾かれてしまいました。

▲こちらは台形1で切り抜いた状態

 ということでこちらは台形1から取り出した短冊になります。台形1は谷底が3mm幅で山が2mm幅になっています。真ん中のギザギザとした部分は本来は抜かれない部分ですが、短冊だと一緒に落ちてきます。3mm幅でギザギザ、これもなにかに使えそうですね。

 あとは0.3mmの短冊を合間にはさみながら、ずらしながら貼ったり、そのまま並べて貼ったらもうそこにはカッコいいディテールが!

▲こんな情景アイテムも作れるぞ!

 こんな感じで、宇宙時代の謎ハッチに使ってもいいかもしれません。謎の宇宙足ふきマットを添えて。ハッチの向こうには切り抜いたプラ板活用法のように無限に宇宙の広がりが……(ちょっとよくわかんないです)。

 自分でルーバーを作れるので、たとえばひし形の穴にルーバーを作るみたいな、特殊な穴に対して自在に加工ができるというのも強みでしょう。ハードなディテールアップはもちろん、断面や裏側に切って貼り付けて装甲の厚みを演出、なんていう使い方もありそうです。アイデアしだいで切り方や抜き方、そしてプラ板の重ね方や使い方など、プラ板の切り抜ける形状はひとつでも活用法は無限に出てくるのがこのディテールパンチHGです。バシバシ切れるのが楽しいので、無限にディテール形状プラ板を生成するだけでも面白いですよ。ぜひ使ってみてください。

けんたろう
けんたろう

各模型誌で笑顔を振りまくフォトジェニックライター。どんな模型もするする食べちゃうやんちゃなお兄さんで、工具&マテリアルにも詳しい。コメダ珈琲が大好き。