カッチョ良いは強いってこと!タミヤ1/48「16式機動戦闘車」を作る。

 初めてTAMIYAのMM(ミニチュアミリタリー)シリーズを購入してみました。スケールモデル系は素人なので、完全に見た目のみで選ぶジャケ買い。選んだのは「16式機動戦闘車」!

▲ちなみにずーっと”ジュウロクシキ”と読んでいたが、正しくは”ヒトロクシキ”だそうだ。
▲実車同様軟質樹脂製のタイヤが同梱。この感触、ミニ四駆以来かも。
▲説明書には必要な道具が記載。バッチリ揃えていざ組み立て開始!

 このキットのお色気ポイントはやはり裏側。ダンパーや、シャフト類がいくつも重なり合うパーツ構成はいかにもメカッ!って感じ。実際に車両を組んでるって気分になってアガる!

▲車体そのものよりパーツ多くない?異様に気合入ってるぞ
▲完成後は裏側なので、見えなくなっちゃうけど!

 戦車の顔である砲塔は直線で構成されたイケメンフェイス。ガンプラばっかり作ってる身としては、分割ラインがパーツの角の所ってのが新鮮。

▲殆どのパーツが角のトコでビタッと合わさるので合わせ目消し作業ほぼナシ。イイね!

 車体と砲塔ができたなら、表情付けに欠かせないフィギュアでフィニッシュ!

▲セーラー服と機関銃(令和の子は橋本環奈版しか知るまい)……ならぬ、車長と機関銃。

 最近のタミヤでは実際の自衛官の方をモデルにフィギュアをつくるという。多分タミヤHPの掲載動画の16式機動戦闘車インタビューに出ている自衛官の方だと思うが……どうなんだろう?もしそうなら佐官で結構偉い方みたい。

▲車体と砲塔をドッキング!車長をパイルダーオンして完成!

 さてさて、基本的にガンプラばっかり作ってきて、いわゆるスケールモデルにはとんと関わりのない人生であったが、nippperの記事を見たりすると、それまで全く見向きもしていなかった戦車に俄然興味が湧いてきた。そんな私の選定基準は「カッコいい戦車は強い」である。

 小学生並みの価値観だが、あいや待たれい。「機能美」という言葉がある。余分な装飾が削られ、道具としての構造や使い勝手を追求した結果、自然と浮かび上がってくる美しさである。そして戦車は戦う為の機械であり、純然たる戦闘機能のみが突き詰められた代物である。ということは、「カッチョいい=機能美がある=兵器として優秀」とは考えられぬだろうか?

▲懸架された小物類がいい感じ。メカはケツ……じゃない、背中で語る。

 まぁ実際ドンパチすることなど無いと思うし(そうであって欲しい)、その理屈が正しいかどうかは証明されることはないと思うが、間違いなくカッチョ良さなら16式がダントツだし、戦車界最強は16式であろう。

 ……と、ココまで書いといてアレですが、Wikipediaによるとそもそも「16式機動戦闘車」は「戦車」という区分ではないとのこと。早くも最強”戦車”説は誤りと判明……。合掌。

▲この後フック部を開口したり、アンテナを真鍮線に変えたりとデティールアップ。さらにカッコよくなったので超強い(まだ言ってる)
コピルアク
コピルアク

本業はゲームとか作る人だが、趣味のプラモを職場に飾ると「君の作るゲーム内容より良くできている」だの、「別の道行ったほうがよくない?」などと周りから言われる39歳会社員。