バンダイスピリッツの”らしさ”の極地! 『HG 1/144 鋼鉄ジーグ INFINITISM 』が魅せるプラモの色分け最先端。

 『劇場版マジンガーZ/INFINITY』を最近ようやく見ました。超格好いい今風なマジンガー達や機械獣がダイナミックに暴れ回る映像の格好良さはもちろん、何かこう、ガツンと元気がもらえる素敵なお話で最高でしたよ。僕は3回くらい泣きました。INFINITYのマジンガーのように、こちらの『HG 1/144 鋼鉄ジーグ INFINITISM 』も、メカデザイナー柳瀬敬之氏のデザインアレンジが施された『鋼鉄ジーグ』のプラモデルです。マジンガーをみたテンションで、同じアレンジラインのジーグのプラモも手に取ってみました!

▲「シールは一切使わず全部整形色で鋼鉄ジーグの色を完璧に分けますよ」バンダイスピリッツらしいですよね!…… え? らしい?

 組み立ててすぐ「これはバンダイスピリッツらしさ全開だな」うっかりそう思った自分にハッとしました。数cmに6色の整形色をギュッと詰め込めんだ『HG 1/144 鋼鉄ジーグ INFINITISM 』の精悍なお顔を見て”そこまでやるか” ではなく”らしい”と感じさせられるのって実は凄いことじゃないですか?

▲「ジーグのプラモの色分けはまるでミルクレープのような”積み重ね”でどんどん美味しくなっていく」
▲極彩に喝采! そしてこのイエローを塗装で表現するのはめちゃくちゃ難しい!!

 小さなパーツ同士を黙々と組み合わせて配色していくばかりでは無く、大きなパーツ同士を大胆に重ね合わせてガバッと配色を解決する場面も多くて、柔能く剛を制す、いやあえて言葉を間違えて”剛能く柔を制す”なのかもしれません。組み立てのメリハリがとても良く、しんどくありません!

▲複雑に見えるおみ足も、明るい緑のパーツに、濃い緑を被せるだけ!

 長い年月でパーツ分割による色分けのアイディアが沢山生まれたり廃れたり。そうした熟考と熟成を経た結果がこの「HG 1/144 鋼鉄ジーグ INFINITISM」で体感できます。色やディテールとしてパーツを分けるという考えよりも、軸や穴も含めたブロックとして成型色毎にパーツを分けることで、ミルクレープのような構造を実現。シールも使わず、全然テクニカルな事も要求されずに、容易に多彩な鋼鉄ジーグが誰にでも作れてしまうんです。

▲最後にもう一度。このキットにはホイルシールが付属しません。でも楽しく遊べるようにスタンドは付属します。

 パーツの成型色で細部の色分けをするBANDAI SPIRITS“らしさ”を、”スタンダード”に深化させ続けてきたバンダイスピリッツの”今”がこの鋼鉄ジーグには沢山積み重なっています。シンプルに格好いい鋼鉄ジーグが好きだ! と言う人はもちろんながら、一種のセーブポイントとして、自分の頭を今に重ねてキャラクターモデルを楽しむ味わい方もオススメです。このジーグの組み味は、僕たちの頭を柔らかくしてくれるはずです。危ぶむことなかれ。迷わず作れ(る)よ。作ればわかるさ。 それでは、またの機会にお会いしましょう!! バイバイ。

ろろ
ろろ

1988年、ギリギリ昭和生まれ。
web媒体中心の広告デザイナーをしています。
模型以外ではその辺の景色を写真に撮ったり、飲酒を好みます。