水性塗料でプラモが塗りたい!/「水性サーフェイサー1000」があれば水性塗料で“ガンダムの白”がバッチリ塗れます!!

▲ガンダムの白の下地はこの「水性サーフェイサー1000」にお任せあれ!

 ラッカー塗料よりも匂いがマイルドで、より安全性のある水性塗料を使用して得たノウハウや、記事を作りながら新たに発見したことを蓄積していこうという連載「水性塗料でプラモが塗りたい!」。今回はGSIクレオスより発売された「水性サーフェイサー1000」のグレーをピックアップ。こちらはホワイトも出ています。

 まずいきなりですが、僕は「グレーサフ」をあまり使いません。スケールモデルを塗る時はオキサイドレッドやホワイト、ブラックなどのサーフェイサー塗料を使用し、陰影を強調して仕上げるのが好きだからです。

 でも、ただひとつと言っていいかもしれません。僕はこの「ガンダムの白」だけはグレーサフを使用します。その理由が……

 白の成型色に白を塗ると、発色が確認しにくい!!

からです。また白だけは下地による陰影のメリハリをそこまで出したくなくて、綺麗にフラットに塗りたいということもあり、陰影のメリハリがあまり出ないグレーを選択します。

 発色が見えるようになるだけで、厚塗りは防げますし、狙ったところに塗料も乗せやすいです。それでは早速缶スプレーの水性サーフェイサーの使い心地もみながら、水性塗料でガンダムの白を綺麗に塗ってみましょう。

▲ガンプラの白の成型色は本当に綺麗。でも白はガンダムのメインカラー。全塗装して仕上げた時の満足感は格別です

 コレだけ綺麗な白でも、やっぱり塗りたいという欲望は湧くものです。早速ガンプラの白のパーツに水性ホビーカラーのグランプリホワイトを塗ってみたいと思います。グランプリホワイトは光沢で、綺麗な白なのですが、僕が使った感じ水性ホビーカラーの中でもちょっと乗りにくい、癖のあるカラーでした。それをきっちりと水性サーフェイサーが受け止めてくれるかもみていきます。

▲缶スプレーはとにかく準備が楽! よく振って模型に吹き付けるだけ。嫌な匂いもしないから使うハードルもがくんと低くなります

 匂いもマイルドで、お部屋の窓を開けて作業するくらいで匂いは大丈夫だと思います。またサフを吹いた日がひどい雨の日だったのですが、ボソボソになるようなことは一切ありませんでした。下の写真がそれです。

▲全体を包むように、各面ムラが無いように吹いていきます。吹いた直後はツヤ感があります
▲乾燥してくると塗料が収縮してくるようにカチッとした印象になります。そしてざらざら感もほとんどなく、とても綺麗な下地になります。ツヤもほとんどありません。また肩上部に傷がありますね。このように傷の視認性ももちろん上げてくれます
▲左が白の成型色。右が水性サーフェイサー。これだけグレーのなら、白を塗っても発色は一目瞭然
▲左半分がサフの状態。右半分がグランプリホワイト。グレーから白に変化していく様がしっかりと視認できるので塗りミスを防げます。見えることってすごく大事です
▲左が水性サーフェイサー。右がグランプリホワイト

 水性サーフェイサーは本当にざらつきのない綺麗な下地になるので、グランプリホワイトの光沢感も綺麗に出ました。2度塗りでこの状態で、癖のあるグランプリホワイトがすんなりと定着してくれました。すごい下地です。白の成型色に白を塗る時の視認性アップ、そして塗料の食いつきの良さを上げてくれるプライマー効果で多くの水性塗料が塗りやすくなります。ガンダムの白を水性塗料でカッコよくきれいに塗れるの本当に最高です。

 この水性サーフェイサーは、他のメーカーの水性塗料の下地としても活用できます(アクリジョンベースカラーと一緒に使用するとクラックが入ることがあるのでお気をつけください)。この下地でさらに快適な水性塗料塗装が楽しめそうです! ぜひ使ってみてください。

▲水性ホビーカラーで塗装したコアガンダム。様々なアーマーを脱着して遊んでも、塗膜のダメージはこの程度。「水性塗料って塗膜弱いんでしょ?」って考えが一新しますよ
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。