花金だ!仕事帰りに買うプラモ。花金は「スターファイター」で大金星!!

▲「マルヨン」の愛称で超人気の戦闘機を楽しもうぜ!!

 フミテシの独断と偏見であなたの週末が楽しくなる模型をご紹介する「花金プラモ」。2021年一発目となります!今年もよろしくお願いします。今回は、お年玉を配ってお財布に寒風が吹くお父さんにも優しい価格&超かっこいいハセガワの傑作「1/72 航空自衛隊 F-104J/CF-104 スターファイター」です。1989年に発売された名作を新年にぶっ飛ばしましょう!

 F-104は、超音速制空戦闘機として開発された機体です。小形軽量な機体に大推力エンジンを搭載し、最大速度はマッハ2!! nippperアニキ達が絶対に好きになる要素しかない飛行機です。このハセガワの定番キットは気が向いた時にさくっと作れるとっても良いプラモでございます。

 箱を開けると説明書が2枚!?自衛隊仕様とカナダ航空軍の仕様を選択できるんですね〜。日本人なら迷わず自衛隊に!と思うかもしれませんがカナダ軍の説明書のカラーレシピを見ると「銀」がメインのやべ〜奴がいるのでそれもオススメですよ〜。マルヨンと銀は相性が良すぎて気絶確定路線。まさに「たまならない…」といった感じ。

 デカールも大盤振る舞い。1200円のプラモにこんなに入って大丈夫なの!?ハセガワさん大好き。

 手に収まるサイズのランナーが4枚。これにクリアーランナーがつきます。パーツ数もあっさり。これなら1日で組めますね。

 え、エロい。尻がすごいんです。このプラモ。リベットが超かっこいい! 他のモールドもシャープですよ〜。ナイスです!

 1/72のプラモってコクピットはしっかり覗き込まないと細部が見えないですよね。このキットそういう部分も拘ってます。コクピットのスイッチ類がピシッとモールドされてます。計器版もクリアー成型されたパーツにモールドがビシビシ!!

 機首のラインも美しいですし。パネルラインもモールドもかっちり。筆塗りでも埋まらないくらいしっかりとした彫刻です。

 機首のパーツの合わせも問題ありません。インテークと胴体後ろ側のところだけ、ツライチにするためには調整が必要です。僕はせっかちアニキなので、仮組みせずいきなり接着してガタつかせたので、みんなはマスキングテープとかで仮組みして確認してみてから接着してね。あと足回りは細かいパーツがちょこちょこあるので、流し込み接着剤の他に、タミヤの白い蓋のような粘度のある接着剤も併用してパーツを貼っていくと効率よく組み立てられると思います。

 1時間30分で組み上がり!この鋭いシルエットがかっこいいい!全長約24cmとボリュームも大満足!そして何度も言いますが、この内容で1200円。迷わずゲットです!

 自然と何度も見てしまうお尻。本当に綺麗でかっこいいです。ぜひ手にとってこのディテールを味わって欲しいです。

 キャノピーは3分割ですが、それぞれピシッと合います。接着時に曇るのが怖かったら、迷わずセメダインの「ハイグレード模型用」を使用してください。

 アメリカ空軍では短命に終わったF-104。でも高性能な本機だけに、西ドイツ空軍がG型、日本の航空自衛隊がJ型、イタリア空軍がS型、そして本キットでも作ることができるカナダ空軍のCF-104と、世界各国で採用され様々なバリエーションが存在します。そんな人気戦闘機の初めの1歩にもすごく良いプラモです。ぜひ一度手にとって楽しんでみてください。それでは、またね〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。