“極細ペン先0.02”の可能性!!「コピックモデラー0.02」であなたの模型が一気に映えます。

 プラモとコピック(Tooグループが開発したイラストを描くアルコールマーカー)の相性が良いのは、多くのメディアで取り上げられてきました。僕もコピックでプラモを塗ってぼかしたり、スミ入れや陰影をつけたりして楽しんだもんです。久しぶりにラインナップを見ていると「コピックモデラー 0.02」という商品が!めっちゃ細い!こんなに細いコピック使ってみたいぞ!と思い、今回実際に使ってみました。結果を言っちゃいますと「超ご機嫌」です。ブラックとウォームグレーの2種が展開されています。

▲めっちゃ細いよ0.02! 細かいモールドも狙えますね
▲人形は顔が命!ガンダムのダクト部分をスミ入れだ!くっきりさせるためにブラックを使ってみます。ペン先も硬いので、クネクネぶれたりしません。しかし油断すると写真のようにはみ出します!これが俺の技量です!
▲安心して下さい。はみ出しても消しゴムがあれば問題なし!消しゴムの角を使ってはみ出し部分を擦れば修正完了です
▲細いペンなので、ダクト内も塗りつぶすようにスミ入れができます。塗りつぶしている時にはみ出したら、また消しゴムで擦れば綺麗になるので、失敗を恐れず塗ってみましょう
▲ウォームグレーは黒よりも自然な陰影がでます。ブラックでディテールを強調したいところを攻めて、それ以外はウォームグレーで優しいスミ入れにすると良い感じになると思います

 もうひとつのウォームグレーもとても良い色。この色味がダメージ表現のチッピングにすごくマッチします。しかもペン先は0.02なんで、すごく細かい傷が描けちゃいます!!

▲傷がつきそうな場所に、ペン先をチョンチョンしていくとあら不思議、傷が爆誕
▲ちょっとやりすぎたな〜っと思ったら、指先で〜〜〜えい!
▲綺麗になりました!修正も簡単!消えない箇所があったら消しゴムで擦りましょう
▲0.02という細さのおかげでひっかき傷などが一瞬で描けます。ウェザリングの工程にすごく便利なペンです

 スミ入れもウェザリング表現の手助けもこなせるコピックモデラー0.02。色味もすごく使いやすいので、1本持っていれば大活躍間違いなしです。匂いもないし、取り回しも簡単なので、家族が集まるリビングでも模型を塗ることができます。スミ入れはパーツの色や、つけたい影色などによって様々な色を流すと模型が一気に映えるものになります。これだけ使いやすいコピックモデラー 0.02。バイオレットやブラウン、ブルーなど様々な色が欲しくなっちゃいました。とても良いペンなので、皆さんも使ってみて下さい!それでは、アディオス!!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。