シタデルカラーで「砂漠色探し」。この2色で塗ればなんでも砂漠モビルスーツ!!

▲早速答え!!モーンファングブラウンとザンドゥリダスト

 スムーズに水だけで筆塗りできるシタデルカラー。英語名で書かれた色名、しかも色名はウォーハンマーの世界観に由来するもの。僕の好きな模型はどれを使えばいいの…。そんなあなたのためのコーナー「シタデル探し」!! シタデルカラーで様々なミニチュアを塗り上げるペインター・ふりつくさんにお題を投げて、近似色を探してきてもらいます。頼むぜふりつく ! お題は「砂漠色」を見つけてリーオーを塗ってくれ!!

▲ガンダムWを代表する量産機!プラモもかっこいいぞ。からぱたのブログ「超音速備忘録」のこちらの記事でキットレビューしているので合わせて読んでみてください

 え!!砂漠カラー?シタデルカラーにはぴったりのがありますよ!!ダークイエロー系とブラウン系の2色を使用して、砂漠が似合うカラーにしてみます。使用するのはトップ写真にもある「ザンドゥリダスト」と「モーンファングブラウン」です。どちらもシタデルカラーの中でも隠蔽力が超強い「ベース」でラインナップされている色なので、すごく塗りやすく、リーオーの緑もすぐ砂漠色にそまります。

▲シタデルカラーの赤いリボンのベースは、一気に色が乗り、伸びもすごく良いのでどんどん塗れます。プライマー効果もあるので下地塗料としても優秀です(ベースの名は伊達じゃない!)
▲ぽよ〜んと立ったリーオーが……
▲シャキーン!かっこいい砂漠色に!!これが筆塗りでできちゃうんです

 肩関節や手首、足首をモーンファングブラウンで茶色に塗っていきます。

▲シタデルカラーの中でもかなりベーシックな茶色ですね。毛皮や木等いろんなところに使えるナイスカラーです。

 モーンファングというのは「ウォーハンマー AoS」に登場する屈強な体躯を持つ種族、オーガが使役する獣の名前です。そのブラウンなんですね〜。

 お次は装甲など広い面積をザンドゥリダストで塗ります。

▲こちらもかなり使用頻度の高い色でシタデルミニチュアでは主に骨を塗るときのベースカラーとして使用します


 このザンドゥリダストが絶妙なデザートイエローで、この色を塗るだけであなたのメカは砂漠仕様に早変わり!!なんてたってザンドゥリは「かつてありし世界」と呼ばれる旧版のウォーハンマーに存在したスケルトン等の死者の軍勢が治める「砂漠の交易都市」!! 現在は版の移行により世界ごと滅びました。滅びた砂漠の都市の色……かっこいいに決まってるじゃないですか!!

▲広い面積は大きめの平筆で手際良く塗ってしまいましょう。綺麗に塗るポイントは、一度塗った場所が完全に乾いたらもう一度塗り重ねること。シタデルカラーはそれだけですごく綺麗な塗面になります
▲こんなに滑らかにフラットな塗装が筆塗りで!ふりつくさんも特別なことはしていないです。きちんと乾いたら塗り重ねる。そのセオリーを守ればここまで綺麗に塗ることができます
▲ダークイエローとブラウンが良いバランスで配色できました!かっこいいぜ!

 筆塗りでサクッ塗ってこんな感じに!砂漠で戦ってそうな良い感じのカラーになったと思います。リーオー君も小麦色になって自信がついたのかカッコイイ気がしますね。砂漠色はいろんなメカと相性が良いので、ぜひ今回ご紹介した2色で塗ってみてください!!それではまたね〜。

ふりつく
ふりつく

1989年生まれ。模型ホビーを愛してやまない雑食ライター。ステイホーム期間をきっかけにラジコンカーにはまり気味。