プラモを買うと付いてくる!? キミはタミヤの「Tech Tips!」を手に入れたか?

 タミヤの新商品や、最近出荷された既存商品を買った人はこの1枚の紙を手にしているのではないでしょうか? 「TAMIYA Tech Tips」と題したものです。キットの説明書以外に突然キットに同梱されたこれが非常によくまとまっていて、タミヤのキットのみならず、様々な模型を作る時に役に立つ基本が掲載されています。切ったり穴を開けたりするするのにはどんな工具を使うのか、どうすればよりうまく行くのかが超ピンポイントで紹介されています。ラッカー塗料、アクリル塗料、エナメル塗料の使い分けまで載ってるんですよ。

▲たくさん模型を作っていると知らずに工具が増えています。
でもそれっていろんな経験をしたからですよね
▲ご紹介するチラシには必要最低限の工具がしっかり載っています。
そして彼らの活躍シーンがそれぞれ掲載されます
▲模型を作っていて「穴を開けます」と書いてあっても「え?何で開けんのよ」と最初はなったはずです。でもこれさえあれば、ピンバイスという物を知ることができ、
さらに使い方も載っているのでスマホでワンクリックの道へと導いてくれます
▲そしてピンバイスをゲット。これで穴を開けていろんなものを取り付けたり、
ディテールを作ったりできて、さらに模型が楽しくなります
▲パーツをニッパーで切る。刃の向きや切り方。今では自然にやっていることが普通に掲載されています。それって本当に大事ですよね。その通りやってみたのがこちらの写真
▲タミヤを代表する2大接着剤。タミヤセメント(奥)、流し込みタイプ(手前)。
この2つの使い分け方法もバッチリ掲載
▲そして実際に流し込み接着剤を使ってみる……初めて流し込み接着剤を使った時「接着剤使うプラモ楽しい!」って本気でなりました。ス~ッピタ!ってパーツが接着されるあの感触!

 このようなことがチラシでひとつひとつ解説されています。自分の工具と知識が増えていく。そして工具から自分の意志・自分のテクニックが伝わってひとつの物が完成する。模型を作った後って一緒に使った工具も傍に散らばったりしてますよね。あの景色、僕は大好きです。その散らばっている工具ひとつひとつに自分の経験があるんだなって。
 そしてそんな楽しい体験をみんなで共有できるように、タミヤは1枚の紙を入れてくれました。これからの人も、すでに知っている人も皆が幸せになれる1枚の紙。ぜひキットを買ってチェックしてみてください。

※最新キットや最近出荷された既存商品に入っています。店頭在庫などで古いものには同梱されていません

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。