もうオマエを弾かない!超ピンポイントな水性塗料の筆塗りを助ける「ツヤ消しペン」の奇跡。

 ガンダムマーカーの比較的新しいラインナップに「クリアーツヤ消し」というのがあるんですよ。その名のとおり、透明のツヤ消しインクが入っているんですけど、使い所が思い浮かばずにずっと模型机の上に置きっぱなし。ドバっとツヤを消したいならスプレーやエアブラシを使いたいし、ペンならではのピンポイントなツヤ消しって必要かな?なんて思ってました。

 実際使っても上の写真みたいに塗ったのか塗ってないのかよくわからないくらい透明。ランナーのタグ部分を半分だけ塗ると、たしかにツヤが消えます。でっかいプラモを全体的にツヤ消しにしたいな〜というときに、チマチマ塗るのはちょっと大変。しかし「ここだけツヤが消えてるんですよね〜」というメカもあんまり思いつかず、そもそもペンだとめちゃくちゃ細かいコントロールはできないからやっぱり筆とかマスキング+スプレーが適しているかな、なんて思うわけ。

 で、なんでいきなりこんな話をし始めたのかというと、使い所が見つかったからだよ!

 ツヤツヤのゴールドの上からシタデルカラー(に限らずエマルジョン系の水性塗料)を筆塗りしたい。しかしツルツルなのでイマイチ定着が悪い。やっきになって発色させようと濃くすればなんかボテッとした雰囲気になってしまうし、サラサラにして伸ばそうと水で薄めると今度は表面が塗料を弾いてしまう。ドンピシャな希釈具合というのもあるにはあるんですが、色によっても性質が違うのが塗料の困ったところ。そこでこのツヤ消しクリアーのマーカーがあることを思い出したんですよね。シタデルカラーを塗りたいところにマーカーをチョイ塗り!

 しっかり乾燥させてから塗ってみると、シタデルカラーがバッチリと表面に引っかかって定着してくれました!ツヤツヤの面にちょびっとだけ筆塗りしたいとき、下地塗料がわりに「つや消しクリアーの部分塗り」を瓶を開けたり筆を出したりせずに瞬時にできちゃう!しかも水性マーカーなので下地を侵さず、ちょっとやそっとのはみ出しでもクリアーなので気になりません。このテクはものすごく便利だと感じましたので、もし「ツルツルのアイテムにほんの少しだけ筆塗りで色を足したい!」と思ったことがある人は今すぐ買いましょう。そんじゃまた。

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。