日本の夏!「水性塗料筆塗り」の夏!/デカール救助に水性塗料出動!!!

▲デカールに水性塗料? どういうことですか?

 低臭で扱いやすく、熱い夏に涼しいお部屋でも楽しめる「水性塗料の筆塗り」を楽しもうという本連載。僕のハセガワ1/72雷電もついにデカールを纏いました! やった!! 完成まであと少しだぜ!!! と思ったら……。

▲うわ〜〜!なんで?誰がやったの? 俺だよ!! 知らない間にデカールを引っ掻いてしまったりしたことありますよね。むき〜〜
▲ディテールの上にデカールか。こんなの力技で密着させちゃうぞ! パワ〜〜〜!!! ヒビ〜〜〜〜〜!!!

 デカール作業中のカケやヒビ。何度も悩まされました。やっちまった〜〜って精神的ダメージもきます。でも今回のような小さなカケや、ヒビ割れなどは上から塗料で塗ってしまえば大丈夫! さらに水性塗料ならデカールを溶かしてしまう危険も少ないです。デカールのリタッチは水性塗料にお任せあれです。

▲個人的に日の丸レッドと呼んでいるシタデルカラーの「メフィストンレッド」。一撃で発色する頼れるレッドは、チョンチョンとしたリタッチ作業に力を発揮してくれます
▲ここからは集中です。かけている部分に塗料を置いていく感じです
▲できた! デカールと完全に色味を合わせるのは難しいですが、かけているよりはマシです

 このリタッチ、デカールと色味が違ってしまうのでは? と思って二の足を踏んでしまう人もいると思います。僕もそうでした。でも一つの体験が変えてくれました。それは、日本を代表するプラモアニキの横山宏さんがイギリス機のラウンデルをわざと一部剥がしてその上から筆塗りしたのを見せてもらったんです。「戦場でも変色したり、マークがかけた部分を塗り直したりしてるんですよ。そういう写真も沢山ある。こういうのをいれると生きてる飛行機になるんだよね」。その言葉に、ミスっても塗りゃあいいし、なんならデカールの上からわざと薄い色や濃い色で塗って雰囲気変えてもありじゃん! って思考に変わりました。あまりにやばいミスは取り返しがつかないから、デカール注文したりする必要があると思いますが、このくらいならむしろかっこよくなるチャンス! と思ってリタッチします。

▲タミヤアクリルのフラットイエローでチョンチョンと。ディテールの上にデカールを貼るのって神経使いますよね(横着せずに切り込みとか入れて馴染ませようね!)。こういったヒビ割れもリタッチで対応できます
▲ちょっと色味が違って見えるけど、最後の仕上げのウェザリングでほとんど目立たなくなります

 デカールを溶かしにくい水性塗料なら、こういったトラブルもすぐに解決できます。塗料は薄めにして、さっとデカールの上のダメージ部分にチョンチョンと置いていく感じで塗るがのがポイントです! それでは、次回で完結編をお楽しみに〜。またね〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。