必殺「クリアーカラーのクリアー割り塗装」!! クリアーカラーのコントロールはこの一手で決まり。

 この方法で「クリアーカラーを薄めすぎてシャバシャバになっちゃった」というミスからは、もうおさらば! クリアーカラーが一気に使いやすくなる必殺技「クリアーカラーのクリアー割り」をご紹介します!

▲この方法で、あなたもクリアーカラーマスター!
▲クリアーカラーをクリアーで割るんです! これでOK!!

 クリアカラーは基本的に重ね塗りすればするほど色が濃くなっていくので、いつの間にか狙っていた色よりも濃くなり過ぎていたり、パーツ毎に色味が違ってしまった経験はないでしょうか?

 かといって色味を薄くするためにうすめ液を加えすぎると、今度はシャバシャバになってしまってパーツに乗らない!なんて経験もあるかと思います。そんな時は、クリアカラーを「クリアー」で割ってあげましょう!こうすることで、塗料自体の濃度を保ったまま、色を薄めることができます! 一回毎の色味の変化が少なくなり、全体の調整がしやすくなります。

▲左のカップはクリアーオレンジ、クリアー、うすめ液を0.5:0.5:1で割ったもの。右のカップはクリアオレンジ、うすめ液を1:1で割ったもの。塗料とうすめ液の比率は変わっていませんが、色味は薄くなっています
▲それぞれの塗料を1回ずつ吹き付けた状態です。左側が「クリアーオレンジ、クリアー、うすめ液を0.5:0.5:1」、右側「クリアオレンジ、うすめ液を1:1」。右の方が少し色が濃いですね。1回だとこのくらいの差です。しかし……
▲2回吹くとその差は一目瞭然。回数を重ねると、色味の差は大きくなっていきますね。クリアーで割ってない右側の翅は一気に色が濃くなってしまいました

 この様にクリアーを入れることで「塗料の濃度を変えることなく、色味を薄めることができる」ようになります。これにより色味を微調整しながら塗っていけるようになり、クリアーカラーのコントロールが一気に快適になるんです。

▲コントロールのしやすさを活かして、クリアパーツでもグラデーション表現ができます。(面の中心の色を薄くしています。)

 エアブラシ塗装だけでなく、筆塗りの場合も同様に色味のコントロールがしやすくなりますよ!(しっかり乾燥時間をとってから重ね塗りするとヨシ!)

 クリアカラーは塗装表現の幅を広げてくれるので、どんどん使ってみてください!ではまた!!

えぬせ
えぬせ

1986年生まれ。うまい飯とうまい酒のセッティングもバッチリできるサラリーマンの鑑!模型もキャラからスケールまで楽しそうなものはなんでも作ります!