海の色!空の色! アズールで魅せるガンダムブルー!!/「ラスキウスアウラ」meets エントリーグレードガンダム

▲瓶生で「明度がやや高くてほんの少し彩度が低い色味」を吹くことができるラスキウスアウラ! 今回はボディを塗っていくぞ!!

 昨今の美少女プラモなどの髪の毛を塗装するのに調合されたGSIクレオスの「ラスキウスアウラ」。髪の毛の淡さや鮮やかさを瓶から出した生の状態の塗料で表現できるナイス塗料です。前回試しにこのラスキウスアウラの緋色(スカーレット)を使用してガンダムの赤を塗ったら「明度がやや高くてほんの少し彩度が低い」ナイスな赤になったんですね~。今回はこの塗料の青系である「空色(アズール)」を使用して、ガンダムの胴体の青を攻めてみます。どんな色になるのかな~。

▲蓋が透明だからでしょうか? ラスキウスアウラは瓶の状態だと色のイメージがちょっと浮かびにくいです
▲開けて見ると、空色というだけあって、かなり水色に近い明度が高いブルーですね

 なんか今回は蓋を開けた瞬間、ちょっと不安になりました。すごく明るく感じますね! でもこういう色こそ誰かが塗ったの見たいでしょ! 塗ってみる価値ありますぜ!!

▲私はすっぴんのガンダムボディ。つまり色もなんも塗っていないプラスチックの色。みんな「すっぴんもきれいだよ」って言ってくれるの。え? 塗るの???
▲どし~~。ちょっと、明るすぎたかな??

 塗った瞬間「おいおい!これは明るいぜ!こんな明るい空を俺は見たことがないぜ」ってつい言いたくなりました。空色はちょっとやばいかな~っと思いながらも、組んだらどう見えるか分からないので、ラスキウスアウラの緋色を塗った赤いパーツと一緒にちょっと組んでみたんです。そしたら……。

▲私はすっぴんボディ。どこも塗られてない、プラスチックの色のまま。綺麗でしょ
▲空色、いい感じじゃないですか! 

 胴体単体で見たらすごく明るかったのですが、ラスキウスアウラの緋色のボディと合わせるとこれまた相性抜群!! どちらも「明度がやや高くてほんの少し彩度が低い」もの同士なので喧嘩していません。黄色と白が成型色のままですが、これはこれでいい感じ。ラスキウスアウラには黄色も、白も何やらグレーもラインアップされているので、こうなったら全部塗ってみますね!! ガンプラの塗装楽しいな~~。それでは次回もラスキウスアウラでお会いしましょう~~。またね~~。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。