マンガ用「丸ペン」であなたのお悩み解決!!今日から細部塗装も怖くない!!!

▲超細部の塗り分けは俺に任せろ!!

「細かい線をマッハで描きたい!」「筆だとよれてしまう!」。これまで何度も失敗してきました……。

 そして遂に自分の中で「これだ」というツール、マンガ用「丸ペン」にたどり着きました!ペン先でビシッと行けますよ。

▲服の帯にあるこんなモールドも手軽にピシッと塗れます!

 丸ペンはインクを付けて描くペンです。ということは……模型用塗料を付けてもいけるのでは!?という着想でチャレンジ! この方法で使用しているのは主にクレオスの水性ホビーカラーです。ビン生の濃度でも大丈夫ですし、もっと自由に線をコントロールしたい場合は溶剤と1:1位の割合で薄めています。タミヤアクリルやエナメルも行けます。

▲細くて繊細な線を引ける丸ペン。ペン先もご覧の通りめっちゃ細いです
▲ペン先に入れる力加減によってある程度の線の太さはコントロールできます。力を入れるとこのようにペン先が開くんです。これにより線の太さが調整できます
▲ペン先に塗料を付けて描くだけ。細い線、太い線が自由自在です

 力の加減で線の太さを調整できます。凸モールドがある場合は、塗料を乗せていくような感じで使えば簡単にモールドに沿って直線を引くことができます。曲線でも同じような感覚で出来ますよ。

▲女の子プラモの目もいけるの!?

 女の子プラモの目の下書きにも使えます。ラッカー塗料で肌色を塗って、やり直しがしやすいエナメル塗料で描いて満足いくまで調整しています。

 筆塗りだとくにゃくにゃして細い線や細部塗装ができないと悩んでいた方、ぜひ一度試してみてください! 「丸ペン」で苦手意識とおさらばして、どんどん模型を楽しんじゃいましょう!

竹本浩二
竹本浩二

1971年生まれ。フリーの模型フィニッシャー。そこで培われた時短テクニックや塗装方法などを多数持つ二児の父。